ロボットエンジニアの実態に迫る

エンジニアは、「技術者」、つまり、ロボットエンジニアというのはロボットを扱う技術者と言えるだろう。では、具体的にどのような仕事をしているか説明できるだろうか。このページでは、仕事内容と、それが我々の生活にどう利益をもたらすのかに注目してみていく。

ロボットエンジニアって何

機械化が進行する現代日本。いまや、我々の生活の中にロボットは満ち溢れている。例えば自動掃除機。店頭に並び、商品の案内をするようになったペッパーくんも、1種の機械ということができるだろう。こういったロボットを研究し、開発していく職業がロボットエンジニアである。
いわゆる技術者の中でも、未来の花形ともいえるのがこのロボットエンジニアだ。一般的に専門学校や大学で工学を専攻し、卒業後はメーカーや研究所に就職して、ロボットの開発に従事する職業である。かつては産業用ロボットなど、工場で使う機械をもっぱら開発していたため、我々の目に留まることは少なかった。しかし、昨今のロボットの日常生活への進出に伴い、非常に脚光を浴びる職業となっているのだ。
人々の生活を陰ながら支えていくエンジニアには、プログラミングや機械、電子についての一通りの知識と技術が必要とされる。やはり、モノづくりが好きで手先が器用、1度の失敗にめげず、ときには興味と関心、遊び心も持ち、次々と反省を生かした新しいチャレンジができる人材が求められている職業だ。
では、ロボットエンジニアになるためにはどのような資格が必要なのだろうか。1つだけ存在する国家試験とはどのようなものなのだろうか。それがないとロボットエンジニアになれないのか。このページではロボットエンジニアの仕事内容、どうやったらなれるかに注目するとともに、必要な資格についてまとめていく。

おすすめリンク

細胞を純化させる方法とは

細胞を純化させる方法を知りたい方へ、どのようにすれば良いのかわかりやすくご説明いたします。

ロボットエンジニアになるには

一口にエンジニアと言っても、どのようになるのか説明するのは難しい。高卒で就職する、あるいは高専を卒業する、大学の理系学部(理学部、工学部、理工学部など)を卒業する、など、ルートは様々だからだ。このページでは、ロボットエンジニアになるための主な流れについて注目していく。

ロボットエンジニアに必要な資格とは何であろうか

医療系・介護系などとは違い、ロボットエンジニアなどの技術者に国家資格があるようには考えられない。では、どのような資格が存在し、それらは絶対に必要なものなのだろうか。それがないと、エンジニアとして働けないのだろうか。そういった点に注目してみていく。