この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

ロボットエンジニアの実態に迫る

ロボットエンジニアの仕事

ロボットエンジニアは、現代社会において、人々の役に立つ機械(ロボット)を作りだす職業のことを指す。現在、私たちの周りにはたくさんのロボットが存在している。機械とロボットの違いを考えると難しいが、電子レンジや冷蔵庫といった機会が1つの用途でしか利用できないのに対して、ロボットはより細かく精密な動きができ、ある程度自律的に考えて状況に対応できる機械のことを指すことが多い。
例えば、産業用ロボットが存在する。工場で何かを作るのに使われる大型機械だ。また、介護の現場では介護用ロボット、医療の現場では医療用ロボットが使われる。災害時に人々の救助を行うのは災害用ロボットだ。接客業の場にもロボットは導入されつつある。例えば、一時期話題となった「ペッパーくん」だ。彼らは、客に対して商品を案内したり、誘導したりする仕事を担うロボットである。ロボットエンジニアは、これらを開発するのだ。

ロボットエンジニアの働き方

ロボットエンジニアが具体的にどこで働き、何をしているのかは想像しづらいかもしれない。これまで、ロボットエンジニアが手掛けるロボットはほとんどが産業用ロボットであり、工場で使われるものだった。そのため、我々の生活とそこまで直接的に関わってはいなかったのだ。
しかし、各メーカーや工場、研究所では、人々の日常生活で使うことの可能なロボットの開発が急がれている。例えば、家事を手伝ってくれるロボットだ。最新型の掃除機の中には、半自律型で、勝手に動き回って部屋の中を掃除し、一定の時間がたつと、あるいはごみがなくなると勝手に充電ポートに戻って充電されたりもするものがある。これはロボットと言えるだろう。ほかにも、エアコンの中には部屋の人の位置、人数によって出力を調整できるものがある。このように、日常生活にもロボットは増えつつあり、これらの開発にロボットエンジニアが従事している。